滋賀の求人

就職試験では、まず最初に筆記試験があります。筆記試験というのはだいたいが一般常識問題で、さらに時事問題が加わることもありますし、志望動機を論文形式で書くということもあります。次に人事面接となります。一次面接では志望動機や自己PRを聞かれることが多いです。ですから、この2つは必ずきちんと答えられるようにまとめておきましょう。そのほか自分の性格、長所や短所、などもです。二次面接からは、かなり偏ったことを聞かれることもあります。これは、臨機応変に答えることができるか、また性格の芯の部分をさぐられているということもあります。特に最終面接で合格したら、その会社の社員になるわけですから、選ぶ面接官というのも真剣勝負です。将来会社の未来を背負う社員となることができるかということを見極めるための面接ですので、答え方ひとつでも大分印象が変わってくることでしょう。しかし、それにきちんと答えられたら内定がもらえるというところまできているということになります。